お尻ニキビ

一度できたら厄介なお尻ニキビの予防策

ニキビと言えば「顔」というイメージが強いものですが、それなりの条件が揃えば身体の中のどの部分であってもニキビはできます。背中など、手の届かない場所にできてしまうとケアが大変ですし、治りも遅くなってしまうので厄介です。

 

そして、さらに厄介な場所がお尻です。お尻に関しても目で見てケアをするのが非常に難しく、いつも下着を履いているわけですから痛みを感じてもすぐにそれをコントロールする事が困難です。

 

それではなぜお尻ににきびができてしまうのでしょうか?

 

おしりニキビの原因には、衛生面と湿度の問題が関係してきます。お尻は常に何かで覆われているため、湿度が異常に高くなってしまいます。夏場であれば汗もかきますので、さらに湿っぽい状態が長時間続く事になります。こうなると細菌も繁殖しやすくなり、結果的に吹き出物となってしまうというわけです。

 

そしていったんお尻にニキビができてしまうと、と治りにくいというよりも悪化して大きくなってしまうケースがよく見られます。これは座る時にどうしてもニキビを圧迫してしまうので、傷の上からさらに圧を掛かけて悪化させてしまうからです。そのため、おしりのニキビは解決が難しい問題です。

 

お尻ニキビができたからといってずっと立っているわけにもいきませんので、まずは予防を最優先で考えていく必要があるでしょう。

乾燥と保湿の程よいバランスがおしりニキビの予防につながります

ニキビは基本的に乾燥させずに保湿を促す事で改善していきますが、お尻にできたものに至ってはちょっと違います。

 

お尻は放っておいても湿度が高くなる部位ですから、クリームなどを塗ってそれ以上保湿させると逆効果になる可能性があるわけです。乾燥と保湿のどちらもが程よい状態が健康な皮膚を作ってくれるのですが、これにはベビーパウダーなど粉状のケア用品が優れています。

 

できる部分にもよりますが、パフがついているパウダーであれば、手の届きにくい部分でも簡単に塗布する事が出来ます。ベビーパウダーは水分の蓄積を抑えてさらっとした状態をつくりますが、だからといって乾燥を促すものでもありません。さらには肌に優しい成分を使っている製品が多いので、ニキビのケアに限らず肌全体のトラブル防止に役立つでしょう。

 

お尻は様々な理由から清潔に保つのが難しい部分ではありますが、こういった製品の活用により、ある程度衛生的に保って細菌の繁殖を抑える事が出来ます。また、薬剤ではなく自然に近いものですから、肌に悪影響やアレルギーなどを起こす心配もありません。

 

同じように湿りやすいわきの下やひじの裏などには定期的に塗布しておくと尚効果的です。

顔の他に、思わぬ場所でニキビができやすいのは背中なんです。背中は自分で見えないため、背中にできたニキビには、気づけない場合があります。それでも、背中でもケアをしっかりしなければ跡になる可能性があるので、注意がいります。お顔に出来たニキビというのは誰もが早くキレイに治したいものです。素早くニキビを治すためにも、いじらない事が肝心です。汚れた手で触ってしまうと、ニキビがより悪化しますし、触りすぎてしまいますとお肌のほうを傷つけてしまいます。母はかなりニキビ肌で、私も中学からニキビのことで悩まされ、大人になった現在でも、よくニキビができるので、お手入れは意識してしています。そして、三歳になる息女もすでに鼻周りの毛穴に角質がつまり始めています。痛ましいことに必ずニキビ肌になりそうです。遺伝とは怖いと思いました。妊娠の初期はホルモンバランスの乱れといったことからニキビがでやすくなるのです。さらに妊娠による精神的なストレスもニキビができる原因の一つになります。とはいって、抗生剤といったものの使用は出来ません。ホルモンバランスがちゃんと整えられるように、この時期にはリラックスして、体を静養させましょう。顔にできたニキビが炎症を起こした場合、顔を洗おうとした時などにほんの少し触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。そのため、炎症を起こしている場合は、どんなに気になっても決して指で触らないでください。触ると痛いからというだけではなく、雑菌が指から入ってしまい、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。